コーデが引き立つバランスヘアメイク術 | STORIES | 23区 -ONWARD-

translated by machine

STORIES

ヘアメイクアップアーティスト
from資生堂 に聞く
コーデが引き立つ
バランスヘアメイク術

洋服を毎日スタイリングするように、メイクも一緒にコーディネート。
それだけでおしゃれの印象がぐんとアップします。
ここでは、資生堂のヘアメイクアップアーティスト・向井志臣さんに、
スタイリングに合わせたヘアメイクのコツを伺いました。

資生堂 ヘアメイクアップアーティスト
Shiomi Mukai 向井志臣
さまざまなメイクアップブランドを担当した後、2015年から「マキアージュ」ブランドを担当。宣伝広告でのヘアメイクを中心に、商品開発やセミナー講師、雑誌撮影など多岐にわたり活動。抜け感やバランス感覚にたけたトレンドのヘアメイクに定評があり、多くの女優・タレントから支持を得ている。
資生堂 ヘアメイクアップアーティスト 向井志臣

Method_01

Make-up for 品よく決めたい オフィススタイル

ピンポイントに色をさし
さりげなく華やぎのある印象に。
上品で華やかなレッドリップが主役のオフィスメイク。フルメイクでは印象が強すぎるので、ポイントとなるパーツを決めたらそのほかは少し控えめに。目元はフレッシュなオレンジのアイシャドウで顔色を明るく整えます。同系色を選びがちな口元は、あえて反対の印象を与える青みがかったレッドリップを選び、お互いの相乗効果で美しく発色させるのが狙い。

肌は光沢感があるというよりは、オフィスを意識した自然なツヤ感に仕上げると好感度がアップします。ヘアは柔らかな印象のローポニーテールに。表面をひっぱり起伏を作ってたるませると抜け感のあるまとめ髪になります。

Close-up Point

  • オレンジ系のアイシャドウを目の際に入れ、上へぼかしながら馴染ませて。多色のグラデーションではなくワントーンなので簡単!忙しい朝の時短にもなります。

  • 青みのあるレッドリップは、肌をきれいに見せてくれる効果もあるのでおすすめ。肌馴染みも良くオフィスにも取り入れやすいカラーです。

Makeup item

❶インナーグロウ チークパウダー(02)/シセイドウ
❷タンプードルクレームエクラ
❸マスカラシルエトフェ(1)/クレ・ド・ポーボーテ
❹ドラマティックスタイリングアイズD(OR311)
❺ドラマティックルージュEX(RD425)/マキアージュ

Method_02

Make-up for こなれ感漂う ワントーンコーデ

トープ系のアイシャドウで
引き締めて
垢抜けた雰囲気に。
グレージュのセットアップにマッチするのは、くすんだ紫っぽさのあるトープ系のアイシャドウ。クールでエレガントな目元は大人の余裕を感じさせます。アイシャドウが目元を引き締めるので、アイラインは目尻だけに入れ抜け感を。リラクシーな雰囲気には引き算メイクを取り入れるとバランス良くまとまります。

相性の良いローズ系のリップは輪郭を取らずに指で軽くたたき馴染ませて自然なフィット感に。ブラウンのチークは頬骨の下に直線的に入れることでシックに仕上げました。ナチュラルなダウンへアはオイルとワックスを半々に混ぜてもみ込むとしっとりとしたツヤ感をアピールできます。

Close-up Point

  • アイラインは黒を使用。目尻のみに跳ねあげラインを作ってアイコニックな表情に。

  • ハンサムでクールな印象を高めるには、眉毛の印象を強めるのが効果的。最後に眉頭を顔の内側に向かって軽くぼかすと、より自然に仕上がります。

Makeup item

❶アイブロースタイリング3D(50)/マキアージュ
❷オンブルクレームソロ(301)
❸ブラッシュテデュオプードル(105)/クレ・ド・ポー ボーテ
❹マイクロライナーインク(BLACK/01)
❺ラッカーインク リップシャイン(308)/シセイドウ

Method_03

Make-up for トレンド感ある スポーティスタイル

コーラル系のツヤ感メイクで
みずみずしくヘルシーに。
ヘルシーなスポーティファッションには、日差しとも相性の良いツヤ肌がマスト。クッションファンデーションで全体を仕上げ、崩れやすいところのみフェイスパウダーを。ツヤを残しつつ、透明感のある肌に仕上げます。アイシャドウやチーク、リップは流行のコーラル系で統一しました。

コーラル系の色味は肌色を問わずに使えるマルチカラー。チークはマットではなくジューシーで瑞々しい質感を選ぶことで、元々の肌に健康的な血色感をプラスするイメージで入れます。ヘアはウェットな質感のポニーテールに。ゆるみのある抜け感が大人スポーティを引き上げます。

Close-up Point

  • 肌のトーンをアップしてくれるコーラルピンクのチークを使用。顔の中心を横切るよう床と水平に入れます。ぼかしは鼻の際まで入れて。

  • ジューシーでツヤ感のあるコーラルピンクのリップは今年のトレンド。こなれ感のあるヘルシーでキュートな旬顔へと導きます。

Makeup item

❶ウォータリールージュ(OR351)
❷ドラマティックスタイリングアイズS(OR331)/マキアージュ
❸ヴォワールトランスパラン
❹タンクッションエクラ
❺ブラッシュデュオプードル(104)/クレ・ド・ポーボーテ

化粧品に関するお問い合わせ

資生堂お客さま窓口 
0120-81-4710

受付時間 9:00 ~ 17:00
(土日、祝祭日、年末年始・夏期休暇を除く)

ARCHIVE