translated by machine

STORIES

23区 DENIM

Dr.DENIM Yuji Honzawa Dr.DENIM Yuji Honzawa

デニムは
クリーンに着こなす時代へ。

その昔、男性の作業着だったデニムはいつしか世界中に広まって、誰もが持つアイテムとなりました。
風合いを育てて楽しむのが粋というイメージもありますが、近頃では、
女性のファッションアイテムとして新しい進化を続けています。

23区でも、2013年から「ドクターデニム」こと本澤裕治氏に監修いただき、日本の技術を集約した女性のためのデニムを送り出してきました。

“定番のものこそ、
実は少しずつ変化をしている”

「フレンチシック」を見つめ直した今季からは、「23区 DENIM」のネームタグをクリーンなデザインに更新し、提案するデニムは定番の2型に加え、新鮮みのある2型をご用意。「定番のものこそ、実は少しずつ変化をしている」と言う本澤さん。23区 DENIMは、大人の女性が気負わずはけて、さりげなくトレンドも加味した絶妙なバランスを追求しています。そのため、定期的に新調することで、自ずと旬のコーディネートが叶います。ただし、流行を追いすぎないのが23区流。ワンシーズンで終わらずに、長く愛着を深めていただけるものになっています。カジュアルにもきれいめにも、様々なスタイルに馴染む23区 DENIM。あなたのお気に入りの一本をこの機会にぜひ、見つけてみてください。

Tapered Skinny

パンツ
¥18,000+税

23区の定番スキニーをより本格的な表情にブラッシュアップ。フロント内側にめぐらしたストレッチ布でお腹を軽く引き締めて、背筋の伸びる履き心地に。色落ちのニュアンスも脚をきれいに見せ、スタイルアップが期待できます。

Bell

パンツ
¥18,000+税

ヴィンテージデニムからインスピレーションを得て作った、大人の女性に似合うコンパクトめのベルボトム。ヴィンテージ加工のない濃色のきれいな色で、ローファーやスカーフなどと合わせたフレンチシックなスタイルがおすすめです。

Wide Straight

パンツ
¥19,000+税

綿とポリエステルで織り上げたオリジナルの素材を使用。ストレートシルエットにセンタープレスを入れ、デニムながらもきれいめな雰囲気に仕上げました。濃色のインディゴカラーで、カジュアルなトップスと合わせても大人っぽくまとまります。

Boy Fit

パンツ
¥18,000+税

テーパードスキニー同様、素材を一新し、よりヴィンテージ感のある乾いた雰囲気に仕上げました。定番の形ながら、股上をやや深くして、トップスをインする今年らしい着こなしが楽しみやすい形に。はいた時のおさまりの良さもこだわりです。

11種類の豊富なサイズ展開。

はきたいサイズが必ず見つかるように、最大で11種類ものサイズをご用意しています。
拡大・縮小で作るのではなく、各サイズで美しく見えるパターンでお作りしています。

本澤氏が語る、
今季の23区 DENIM。

23区のデニムの監修を始めて今年で6年目ですが、大人の女性に向けて、かっこ良いデニムをどう提案するかというのは、永遠の命題ですね。

今季のデニムについては、形も更新していますが、まず素材が違います。テーパードスキニー、ボーイフィット、ベルボトムの3型は、特殊な糸の撚り方で毛羽を抑えた生地を使っています。これぞ「メイドバイ日本人」と思わせる優れた素材で、他では出せない適度な光沢とシャープな表情を実現しています。

リベットには、23区と本澤氏がはじめて
ミーティングした日付を刻印するという
ロマンティックな演出が。

ワイドストレートについては、試作を重ねてきれいめな一本に仕上げました。デニムは、ヴィンテージ感を出す仕上げ加工も決め手ですが、今回のボーイフィットは、女性も本格的な雰囲気を楽しめるように、強めの加工で仕上げています。デニムの魅力を伝えるために、一年の半分は国内外に出向いていますが、行く先々で情報を集め、新しいデニムづくりに還元するのが今の使命です。通勤着は徐々にカジュアルになってきていますが、デニムで働くのが当たり前になる日が来るよう、さらに伝道していきたいです。

縫い上がったデニムに、やすりをかけて
リアルに人がはいて擦れた感じを出します。

Yuji Honzawa

本澤 裕治

有限会社ドクターデニム ホンザワ代表取締役。国内外の大手ジーンズメーカーに勤務後、独立。

Question本澤さんに聞いてみました

  • Q. デニムは洗わない方が良いって本当ですか?

    それは都市伝説ですね(笑) 洗って清潔に着てください。良い素材は洗っても変わらないから、むしろどんどん洗えば良い。濃色を楽しみたい場合は、裏返して洗剤を入れずに水洗いするのがおすすめです。

  • Q. サイズ選びに迷ったら?

    腰回りのフィット感で選んでください。特に大人の女性はルーズに見えるのはNGですよね?はくだけで背筋がシャンとするものを選ぶのが、きれいに見せるコツです。